birthday
先日11月2日の誕生日に頂いたお花です。
お家がお花でたくさん..うれしい☆

こちら、西麻布のランデヴーで月1回ひらかれている、
「大人のコミニュケーション講座」のゆうこ先生から頂きました。
ピンクとグリーンの不思議な色、はじめて見ました〜。すっごくかわいい!
d0109756_19281624.jpg
そして花びらのフチの色が特徴的なシクラメン。
こちらはその講座で仲良くさせて頂いている、岡さんから頂きました。
岡さんはなんと、「グリーンディレクター」の肩書きをもつ方なのです!
さすがチョイスが違います。器もすッごく素敵。d0109756_1928239.jpg
こちらも岡さんから。これはなんという花なんでしょうか。
これひとつでグっとお部屋が素敵になる〜!d0109756_19283290.jpg
香り高いこちらの薔薇は西麻布ランデヴーのオーナーAyanoから!
渋谷のトレフルさんのブーケをいただきました〜。いい香り..d0109756_19284057.jpg
こちらもAyano。トレフルさんはすごくセンスのいいお花屋さんです。d0109756_19284886.jpg
これは日付が11/2になると同時にいただいたバラ。d0109756_192986.jpg
花のある生活ってほんとしあわせだよね〜。
みなさん本当にどうもありがとうございました!
[PR]
# by kumila | 2010-11-02 23:00
akarimo
キャンドル作家、mocchiの作品撮りをしに、小石川植物園に行ってきました。
最高気温35度ということもあり、暑くて死む・・・かと思いましたが、
園内にほとんど人はおらず逆に撮影しやすかったです。

d0109756_2261068.jpg

d0109756_2261881.jpg


どれも素敵だな〜。


一旦荷物をお家に置き、恵比寿へ。

お昼ごはんはレッドカレーを食べて、
恋愛話などをする乙女なmocchi、かわいい。

d0109756_2262598.jpg



そして、イイダ傘店の展示会へ。

ふたりとも散々悩んだあげく、ほぼ似たようなオーダーで笑った。
できあがりが楽しみです。
[PR]
# by kumila | 2010-09-04 20:00
ルーシー・リー展
国立新美術館で開催されている、ルーシー・リー展に行ってきました。
数年前にオータニでやってたのを行きそびれたので、
まとめて作品を見られるのはとてもうれしい!と。

先日の、アートフェア東京の水戸忠交易のブースでも
ルーシー・リー作品を20点ほど見れましたが、
(ここでは手に取れてしまうくらいの至近距離でした!)今回は約250点!

モダンで美しいフォルム、そしてプリミティブな質感、
繊細なようで、力強いという不思議な魅力の作品たちをみていると、
実際にその作品を使う場面がふっと頭に思い描けるのです。

シンプルなんだけど独特..なんていうか、
あたたかみがある。そんな器。

あー 欲しくなる〜。

絵画などは美しく飾るのに、ある程度のスペースが必要だったりするし、
なかなか日本の住宅事情だと売れないかもしれない。
でも、器だったらある程度日常生活にとりいれやすいので、
上手に商売したらちゃーんとアートも日常に密着しないかね?ダメ?

ルーシー・リーレベルになると、人類の共通財産レベルなので、
うっかり壊したりしないようそっと飾るのが精一杯かも...w


器だけでなく、釦ももちろん素敵だったし、
あとはウェッジウッド社から依頼されて作った数々のプロトタイプがありました。
こちらは実際には商品化されなかったのですが、ウェッジウッドのあの感じを、ルーシーリーフィルタに通すとこうなるのか!と、おもしろかったです。

それから、彼女のプライベートの手紙なども展示され、
みごたえありありの展覧会でした。6月21日までです〜。

最近は滅多に買わないようにしている図録も、迷わず購入。
装丁も素敵。

おみやげブースにあった、ルーシー・リーの意思を
受け継いだという作家さんたちもよかった。
吉田直嗣さんの作品がもう、好みすぎて、機会があれば買いたいと思う。
(プロフィールみたら同じ歳で同じ大学卒なの。そういう偶然、うれしい。)

図録はこんな感じ。これで2500円はお得〜。
d0109756_8143270.jpg

特に気に入った1956年頃の作品、斜線文様小鉢d0109756_8145762.jpg

[PR]
# by kumila | 2010-05-01 23:04 | exhibition
キアズマ珈琲
久しぶりにいいお天気でテンションあがるわ〜。

泊まりに来ていたRちゃんとほんの一瞬、鬼子母神でブラブラ。
彼女を見送ったあとBさまに教えていただいた、キアズマ珈琲でお茶。
鬼子母神参道にある、昭和初期に建てられたという並木ハウス別館を
リノベーションした喫茶店。(かふぇ?)

前回来たときは古本市やらの日だったので混んでいましたが、
今日はすんなりすわれました。でも満席でしたよ〜。
d0109756_17265111.jpg

Lindnerのカップ&ソーサー、インド文様が素敵。
注文したのはキアズマブレンド(450円)
こちらの珈琲、あまみがあって冷めてもおいしかった〜。
ぼんやりと、いい時間を過ごさせていただきました。また来よ。

みどりの日(昭和の日?)、だいたい天気がよかったりして好きだわ。
去年もお散歩していたね〜。

キアズマ珈琲
東京都豊島区雑司が谷3-19-5
営業時間10:00~19:00
定休日 第1・3水曜日
TEL 03-3984-2045
[PR]
# by kumila | 2010-04-29 00:00
おめでと〜
d0109756_1718378.jpg
元同僚ちゃんの結婚パーリーに参加。
ほんとにかわいくて気だての良いコで、花嫁姿も美しいのなんのって。
そして元闇○チームの仲間で記念撮影。まるで同窓会みたいでしたわ〜。

みんな元気そうでよかったです。また飲みましょ。
[PR]
# by kumila | 2010-02-27 21:21
餃子二二六事件
餃子好きな人たちで、餃子の王将 水道橋店にて、食べ放題にトライ!
食べ放題飲み放題なんだよ〜。2時間でひとり2500円、女性は2000円。
はじめにエビチリやらからあげがでてくるんだけど、
それだけでお腹いっぱいにならぬようセーブ!
ひたすら餃子モグモグです。ビールも満腹になるから、ペース配分を間違えぬよう。
d0109756_21201960.jpg
マイらー油や桃ラーなどを持参している方々も〜。この写真の四川たれ、まじウマ。d0109756_21203029.jpg
そんなわけで、いろんな方々とお知り合いになったり。
モバイルSuicaをみせていただいたり。d0109756_21203913.jpg
息子のふたごの片割れにご挨拶したり。d0109756_2121427.jpg
白目になったり..
d0109756_21211166.jpg
ありがとございました!!!
d0109756_21212099.jpg

[PR]
# by kumila | 2010-02-26 21:19
国宝 土偶展
上野の東京国立博物館でやっていた『国宝 土偶展』に、行ってきました。
結論から言っちゃうと、すごーくよかった!

古代人の生命に対する執念なんかが込められた土偶ちゃんたち。
それが70体近く集められた展覧会で、
最終日というのもあるけれど全国の土偶ファンで大混雑。

土偶というのは、どういった理由で土偶が作られたのか用途も含めはっきりしていないとのこと。
会場の説明書きには、

1 安産・子孫繁栄を願うもの
2 自然界の動植物の繁殖・豊穣
3 病気や怪我を治すための身代わりとするもの
4 祖先の姿を表し、生と死の象徴を体現化したもの
5 死者の鎮魂と再生を願うもの
6 護符や呪物とするもの


という説があるとありました。

.....みんな鼻息もあらく、ワクワクしながら土偶をみています。

若い男の子2人組とか
「俺、ほんと観に来てよかったな〜〜って思う!」「オレもオレも!」
なんて心底うれしそうに言っていたり、
国宝でもある縄文のビーナスの前にいたおじさんは
ニッコニコの笑顔で愛でていたのでした。

もうこの会場の空気感を味わうだけで来たかいがあります。

ビーナスはどの角度から観ても魅力的だったな〜。いかにも女体!

謎だらけの土偶。本当のことがわからないからこそ、
それぞれ自由に感じて楽しむことができるのではないかな〜なんて思いました。

土偶とひとくちに言っても、たくさんのかたちがあり、
古代人ってすごいセンスだな〜!と感心しまくり。
そしてなぜこんなかたちの人形(ヒトガタ)にしたんだろう。。
この模様はいったい何を????
と、考えていくうちにもしかして古代人って宇宙からきたのでは!?
なんて思えてきたりします。いろいろ妄想できて楽しいですねー。

今回欲しくなったモノは、千葉県佐倉市の江原台遺跡から出土された
縄文時代後期のものといわれる、山形土偶。山形って、頭のかたちが山っぽいから。
顔もとぼけているのだけど、両手が外に向いていてなんともいえないポーズ。
大きさもわりと小さめ。ちょこんとしたイメージです。

d0109756_20423286.jpg
こんな感じ。。観た人には伝わるはず!
これは明治大学所蔵で、国の重要美術品に指定されています。

じつは国宝に指定されている土偶はたったの3つ
意外と少ないのね〜。
それがすべて見られたのはよかったん。
この3つだけでもすごく存在感のあるものでした。

あ〜もっと早く観に行ってればなーー。
もう一回じっく〜り味わいたい展覧会でした。

国立博物館は建物が素敵!
もともとは国立博物館の前身、明治14年、ジョサイア・コンドル設計で作られた帝室博物館。
関東大震災で倒壊したために、昭和12年、渡辺仁によって設計されたんですって。
渡辺仁は銀座和光も作ってる方です。


いい感じの和洋折衷。d0109756_21244811.jpg
d0109756_21245858.jpg
こちら、平常展については、個人利用にかぎって写真撮影可能。
撮影禁止マークのはダメだけどね〜。
[PR]
# by kumila | 2010-02-21 20:43 | exhibition
食べたいのに食べられないつらさ。
久しぶりに胃腸をやられてしまいました。
美味しいものを食べることを生きがいにしてるわたしにとってはつらすぎる!

体力がなくなったり、疲れがたまっていると、38度あたりの熱をだすことはよくあって、
そんなときはどうやって回復したらいいかわかってるくらい慣れっこなんだけど、
今回は急性胃腸炎だったので、対処法がいまいちわからず。。

気持ち悪いんだけど、吐くにも吐けず、
やっと吐けたものの、胃液→胆汁まじり(それはもうみごとなグリーン)!
熱はずっと37度5分だから、
発熱→とにかく暖かく&水分補給(ポカリがぶのみ)→汗をかく→スッキリー
という、お得意の方法ではうまくいかなかったのだ。

何しろ胃が痛すぎて、水すら飲みたくない状態。
しかし脱水症状にならないためにも、ゼリー飲料をおそるおそる飲んで翌朝病院へ。

病院行ったら行ったで、季節的にも大混雑〜。
まるで千葉のヤンキーのような身なりで(寒さ対策)
ジッと待ちながらエコー検査&レントゲン検査。
胆汁まじりの嘔吐物だったからミッチリ問診もされた。

んで、エコー検査をじっくりやってもらったところ、
なんと別のあやしいものが見つかったのだ。
そんな深刻すぎるものではないけれど、あらためてCTを受けるようにと...

もともと身体が丈夫ではないから、
健康管理には気をつけていたのだけど、
やっぱり寄る年波に勝てないと思うのでした。

また通院の日々が来るのなーと思うと面倒だけども、
わたしは100歳まで元気に生きるのが夢なのでがんばらなくっちゃ!

何かと病気がちだと、
気合いがたらん!だの、自己管理がなってない!とか思われることもアリ。

でもね、なかにはちょっとしたことで倒れてしまう人もいるんだよ〜。
ホルモンバランスが狂いやすかったり、なんだり。。。
だからこそ、食生活、適度な運動とかとか
無理のない程度に、私たちなりに気をつけているのだけど。

実家暮らしで、自分のことだけやっていればよかったときと違い、
これからは自分の家族も守らねばならないし。

毎日規則正しく生活することが健康維持への近道だと思ってる。
家帰っても家事やってたら、テレビなんてみる余裕ないよ!早く寝たい。
(平日は、遅くとも11時には床につかないと、翌日もたないんだよね..)

d0109756_21583222.jpg
ヤク生活、再び。
はやくお肉が食べた〜い!
[PR]
# by kumila | 2010-02-20 00:00
タケハーナ ふたたび。
d0109756_21234798.jpgd0109756_21242372.jpgd0109756_21243195.jpgd0109756_21243997.jpgd0109756_21254227.jpgd0109756_21255315.jpgd0109756_2126299.jpgd0109756_21262129.jpgd0109756_21262983.jpgd0109756_21263615.jpg
[PR]
# by kumila | 2010-02-20 00:00 | Restrant
無性におなかがすいたので、
焼き鳥屋で散々呑んだあと、タクシー飛ばして北の大地へ。
味噌ラーメン。帰りも駅までタクシーだぜ。
d0109756_2119427.jpg
[PR]
# by kumila | 2010-02-16 21:17
バレンタインデーのこと。
バレンタインデーは仲良しメンバーでiPhoneチョコを作った!
d0109756_21141662.jpg
[PR]
# by kumila | 2010-02-14 21:13
チョコづくりに飽きたオドモたちで
たこやき!d0109756_21163464.jpg
そして麺たつで塩ラーメン(写真おっきいな)d0109756_21164256.jpg
d0109756_21164954.jpg
カウンターしかない店内。仲間で占拠。
[PR]
# by kumila | 2010-02-14 20:15
もやしとひき肉 and 柚子胡椒
Bさまに教えてもらって以来はまっているのが、
もやし炒めの味付けに「柚子胡椒」を使うこと。

d0109756_1452090.jpg
冷蔵庫の奥でよく忘れられてる柚子胡椒、鍋以外にも大活躍。

もやしとひき肉炒め、ビールにも、炊きたてごはんにもよく合うし、
なんといっても安くていいよね〜。

写真はごはん炊きあがり待ち。
[PR]
# by kumila | 2010-02-13 14:49
ウィリアム・ケントリッジ展
竹橋の国立近代美術館へ、
【ウィリアム・ケントリッジ 歩きながら歴史を考える
そしてドローイングは動き始めた……】を観に行ってきました。

ウィリアム・ケントリッジは南アフリカ生まれの白人。
木炭などで描いたドローイングをコマ撮りするというシンプルな独自の技法が特徴。
テーマはアパルトヘイトという重いもの。しかし、魅力的なアニメーションゆえに、つい最後まで引き込まれてしまうのだ。

初めて作品を観たのは、2005年に森美術館でやっていた、
「ストーリーテラーズ アートが繋ぐ物語」だった。
潮見表と題された作品。波を描いては消すという繰り返しのアニメーションに
すごく惹かれてしまったのだ。これまた重いテーマだというのに。。。

気づかないふりをしたいようなテーマを、最後まで見せるというのは
なかなかできないことだよね〜。

モノを作るうえで、見る人を飽きさせないことは大事ね。
とても勉強になりましたわ。

ウィリアム・ケントリッジのカップ&ソーサーがあるみたい。すてき。
d0109756_136996.jpg

[PR]
# by kumila | 2010-02-13 00:00 | exhibition
Les Rendez-vous de Tokyo
今年初のランデヴー!


久しぶりに会う友と、ランデヴーで待ち合わせ。
ところが仕事で遅れるという友。

ひとりで酒をあおるつもりでいたけど、
たまたま一人で食事をしていた隣の席の女の子と仲良くなりました。
これまた素敵な方で、ひさしぶりにしびれちゃいました。
話していくうちに共通の友人・知人が。。。

大人になればなるほど、人間関係ってすぐどこかでつながるものだね〜。

遅れてきた友も、すぐに彼女のことが好きになり、
連絡先交換してまた再会の約束を。

ランデヴーのショップカードには
「出会いこそすべて」って書かれている。

美味しい食事だけでなく、こういった出会いまであるレストラン。素敵やん。


そしてまちにまったディナー。
勘八と香味野菜のサラダ仕立て。
勘八もだけど、野菜も新鮮で味がいい〜。
d0109756_13571677.jpg
若鶏のミジョテ リカール風味。
ソースが甘くて鶏と良く合います。んまいわーー。d0109756_13572728.jpg
d0109756_13573714.jpg
アミューズはエスカルゴでした。美味!

デザートにはフォンダンショコラ。

今日も大満足〜〜〜!
[PR]
# by kumila | 2010-02-06 00:00 | Restrant
ファミッコの集い
大人たちが、真っ昼間から酒をあおりながらゲームをする会。
美味しいものもちよって、ゆるりとスタート。
d0109756_14191135.jpg

ゲームする者あり、料理を作る者、食べる者、飲む者こぼす者...そして...

生まれたての仔牛スタイルで、
d0109756_14193128.jpg
断髪式もはじまり、
d0109756_14193937.jpg
最後は
d0109756_14195037.jpg
すっきりしてましたなー。
[PR]
# by kumila | 2010-02-06 00:00
お休みメモ
昼間は具合が悪くってずっと横になっていたくらいの体調だったのに
夕方からは六本木で今さらの初詣。

今年初のおみくじが大吉にもかかわらず不服な顔のまま、
森アーツセンターギャラリーでやっていたG-tokyo 2010へ連れて行かれる。
d0109756_13201930.jpg
体調よくないと、フラットに物事をみれなかったりするんだけども、
そういうときこそ、ほんとに欲しているものがわかるかもしれない。

そんな中、今回一番気に入ったのは、アニッシュ・カプーアの作品。
鏡のように磨かれた巨大な漆の凹面彫刻、その目の前に立ち近づいてみると
天地が逆転して見える。凹面なので、視界だけでなく聴覚もトリップ!
見た目シンプルなのに、近づくと、してやられる素晴らしい作品です。
う〜ん 欲しい。。。
これだけでも無理して外出したかいがあったと思えましたわ。

リーフレットは杉本博司。
d0109756_13195897.jpg
杉本博司、金沢21世紀美術館のも観たけど、
森美術館でやった「時間の終わり」が最高だったなァー。

見終えてから現代アートの平面作品についてあーだこーだと言い合っていたら、
友人Aちゃん夫妻とスーベニールショップでバッタリ。

G-tokyoでは、銀座のギャラリーで働くAちゃんのことをポンヨリ思い出していたのだから驚き。ふたりは医学と芸術展に来ていたんだって。

そのままスペイン料理屋さんへ移動して晩ごはんをご一緒する。
このへんに来たら、かなりの確率で来てしまうお店。アモール・デ・ガウディ。

二人だけだと量が多過ぎて、食べたことなかったパエリアを
4人ということで注文〜。
d0109756_133358.jpg
(ここは密かにパンが美味しいのですー。写真左はしのそれ。)
結局ワイン飲んで(体調悪いのに)ごっきげんで帰ったのでした。
終わりよければすべてよし☆
[PR]
# by kumila | 2010-01-31 12:51 | exhibition
食堂かたつむり
ここ数年はかなり忙しく、ほとんど読書をしていない毎日で。

そんななか、Twitterで140文字以内でことばを綴るようになり、
文章力の衰え、語彙力のなさに驚き、
だんだんアホになっていく危機感をおぼえました。

それで今年は最低月1冊はなんでもいいから読もう〜と決めていたのです。
が、1月も終わりじゃん!とあせって買ったのが、
映画館での予告編で気になっていた、小川糸の「食堂かたつむり」。

d0109756_12553080.jpg
読み始めは「おとぎばなし」的で、
食堂かたつむりの内装などの描写もかわいらしく、
日々の出来事もなんだかメルヘンチックだなー
なんて思っていたのに、中盤からだんだんリアリティを増していくんです。
命を意識すると、空気が変わる。最終的には、泣いた。

若い頃に比べると、小説や映画で影響されることは
ほとんどなくなったけども、泣いちゃうよこれは。

食べることを大切にしている人は、
主人公の作るメニウを想像してかなり楽しめる本です。
先日行った、「タケハーナ」の食事を思い出しました。

映画も観に行こうっと〜。
[PR]
# by kumila | 2010-01-30 12:47 | book
東京料理 TAKEHANA 
日曜の夜はおしゃれな娘ちゃんと息子ちゃんとごはん。
娘ちゃんのチョイスしたお店だったのですが、これがまたすごいよかった。

「TAKEHANA タケハーナ」の東京キュイジーヌ。

結論から言ってしまうと、どの点をとってもハズレなしのレストラン。
こんな素敵なお店に出会えてしあわせです!と、久しぶりに興奮しました。

まず店構えからしてステキ。この無機質なビルにこの扉の色。
通りかかったら覗いてみたくなるような、ヨーロッパ風の佇まい。d0109756_1754655.jpg

そして店内もおしゃれ!マネしようにもなかなかマネできないような独自のセンス。
さまざまなお国のものが、それぞれ仲良さそうに居心地よくおさまっているんです。
トイレのタイル使いとか、タイル好きな人はグッとくるはず。

で、お食事。

【半熟味付卵 with ひじきのペペロンチーニ】
これは定番メニューから。レンズ豆にニンニク+ひじき、そして半熟卵。
これをまぜまぜします。ん〜やさしい感じ。d0109756_17561578.jpg

週変わりメニュー、
【天日干の鯵とライムのスープ】
さっぱりとしていて、つまみにもなるスープだと思います。
鯵とライムとかって思いつかない。d0109756_17562450.jpg

こちらも週変わりメニューから選んだ、
【ごぼうのフリットゆり根のソース】
からりと揚がったいいかおりのするごぼう。
それにほこほこなゆり根ソース。相性よいのね。
d0109756_17564329.jpg

【揚げだしコロッケ】
コロッケをだし汁につけてしまうだなんて..と驚いた一品。
それがイイ感じに汁がしみわたって美味しい。コツを知りたい。d0109756_17573140.jpg

【さばみりん干しのサラダ】
春菊がてんこもり。生で食べられるくらいのいい春菊だし、
さばともバッチリの相性。メニウには定番メニウNo.1とありました。納得。
d0109756_17563442.jpg

【豚のレッドホッド/withパン】
スペアリブをキムチとトマトなどで煮込んでいるもの。
炭水化物であればなんでも合いそうな深みあのある味。
パンもおかわりしたくなるくらい美味しいの。d0109756_17574336.jpg

【こんにゃくのフリット】
ぱくぱくいくつでも食べられそうです。
揚げるとまた違うね、こんにゃく。
d0109756_17575229.jpg

〆にはこれ。
【豚とタカナの汁かけごはん】
お腹いっぱいのはずなんだけど、さらさらいけちゃう。ペロリとなくなりました。d0109756_1758392.jpg

あと忘れちゃいけない、デザート。
【紅玉のアイス】と【いちご焼きプディング】
このプディング、ちょびっと塩っぽくて美味。
あまいの苦手でもおいしく食べられる〜。
d0109756_17593631.jpg
d0109756_17591912.jpg

というわけで、たっくさん味わいました。
ふだん家でも食べるような食材同士を、ここまでバランスよく融合させるとは。。
ちゃんと季節も感じられる、わたし好みのものばかりでした。

なかなか思いつかないし、自分でマネしようとしても
ほんとうにたくさんの美味しいもの知っていなければだせない味。
素材のことを知り尽くしている以上のセンス。弟子入りしたいわ〜。

あと、メニューの名前がどれもこれも、興味をそそるようなものばかり。
「森のなんちゃら。。」という凝りすぎてるわけじゃなく、
さらっと、心に響くメニュー名だと感じました。

接客もよいです。
気さく、かつ押し付けがましさがなくてとてもすき。

お酒やお料理がでるまでの時間が多少かかるけど、
そういうのを一切気にしないくらい、居心地よく待っていられます。
だってこんなに美味しいもの。いくらでも待つ!

我が家からだと車で30分くらい。
けして行きやすいところではないのだけど、
ぜひまた伺いたいと思います。

本当にごちそうさまでした。

最寄り駅は井の頭線の池ノ上。歩いて15分くらい。
これまたちょうどよく、お店目の前にパーキングありマス。

タケハーナ (無国籍料理 / 池ノ上、下北沢、駒場東大前)
★★★★ 4.5


[PR]
# by kumila | 2010-01-28 12:49 | Restrant
中野 陸蒸気
中野の囲炉裏焼き、陸蒸気に行きました。
焼き魚好きなら一度は行きなさい〜と言われていてようやく念願叶ったのです。

店内は古民家風のたたずまいに、囲炉裏。
冬にうってつけの雰囲気です。

平日だというのに1階囲炉裏端カウンターはミッチリ。
たまたますんなり入れてラッキーだったかも?

まず豆腐サラダ(てんこもり)を食し、しばし待つ。
んで、ちゃんと甘いお刺身や、
d0109756_12232100.jpg
ふかふかのシシャモを食べ、
陸蒸気名物銀むつとシャケ&いくらがのった三味焼きも食べ、d0109756_1224280.jpg
うわさのキンキの塩焼き!キター
皮パリパリで身はふっくら。美味しくてニヤニヤしちゃう。
お家じゃこんなふうには焼けません。炭火すごいわ。
塩の加減もむずかしいよね。許されることならもう一匹食べたかったわ〜〜。d0109756_1225153.jpg
この段階で相当おなかいっぱい。
噂の巨大おにぎりではなくお茶漬け(これは飲み物だから)で〆。d0109756_1225987.jpg
梅茶漬けのむこうは囲炉裏。

カウンターのはじっこだったんでちょっと遠いとはいえ、
めらめら炎を視界にいれながらの晩酌はいいね〜。

居酒屋、といっても割とお値段もちゃんとしているので、
みんなシッポリ落ち着いて飲んでいるのがいい。
大人になってよかったなーとしみじみ感じるお店。

塩辛で食べる焼きじゃがいもを食べ忘れたので、
次はそれとおにぎりを食べに来よう。

ビールメモ:サッポロ黒ラベル しかも瓶!いいね〜

陸蒸気 (魚介料理・海鮮料理 / 中野)
★★★★ 4.0


[PR]
# by kumila | 2010-01-28 11:52 | Restrant
(500) Days of Summer
d0109756_22243336.jpg
予告編の「The Smiths」のくだりでグッときてしまい、
公開前からサントラ購入→聴きまくり、
そして1月9日の公開当日にわざわざに観に行き、
さらに数日後、また観に行ってしまった映画『(500)日のサマー』のこと。

あらすじは、運命の恋を信じるトムはモテ系サマーに一目惚れし、
一方、無駄に惚れ込んで傷つきたくないから距離をとりつつ恋愛を楽しむサマー。
正反対な2人の500日。
いや、この500日はトムがサマーに恋した500日間のストーリー。

真実の愛なんて信じないサマーに対して、
ちょっと変わっている女の子なのかな?なんて思っていたけれど、
映画を観終わった後は、そんなことないんだって思ったのだ。

男性ってロマンチストで、何か共通することをみつけては運命だと思い込んでしまい白黒はっきりつけたがるけど、女性はリアリスト。無駄な傷は負いたくない。
...そんなタイプの女子からすると、過去のトム達に全力で謝りたくなるであろう映画でした。

わー あれこれ書いてるとネタバレしそう。
でも感想を忘れないうちに残さねば。

で、この映画のおもしろいところを簡単にあげると、

1 恋のはじまりのワクワクする感じ、
そして親密な関係になれたときのテンションの高さ

2 次第にうまくいかなくなってきた関係を、
どうにかしたいけどうまくいかないもどかしさ

3 トムの妄想

これらの描写がとてもうまく、リアルに描かれている。
まぁ、基本に忠実、それがすんなりと心に入ってくるのがよい。

そして音楽やサマーのブルーで統一されたレトロ風ファッション、
建築家を目指していたトムの家も素敵だったなああ。

のっけからベルセバとかでてきちゃうもんだから、
スミスでピンときた人は観たらよいかも。
ハイフィディリティが好きな人にも。
他にも細々したところが気になるので、もう一回観たい〜。DVD買っちゃおう!
[PR]
# by kumila | 2010-01-26 22:29
LeBistrot d'a Cote
ル・ビストロ・ダ・コテ(新宿御苑)

ランチは1500円のプリフィクス。気軽に食べに来れるのがいいんです。
今回前菜はラタトゥイユにし、メインはハラミのステーキ。
d0109756_12514286.jpg
ハラミのステーキにはたくさんのフレンチフライ付き。
そして最後にカプチーノ。
d0109756_12515146.jpg
血したたる、いわゆる肉!というのを味わいたいとき、
ここのハラミステーキが食べたくなるのら。
あとバケットが美味しい。ついたくさん食べてしまうもの。

d0109756_12515830.jpg
座席数もすくなく、隣のテーブルとの間がとても近いけど不思議と気にならない。
パリの人たちがほんとうに食べにきていそうな、路地裏的なお店。わたしは好き。

ル・ビストロ・ダ・コテ (フレンチ / 新宿御苑前、新宿三丁目、四谷三丁目)
★★★☆☆ 3.0


[PR]
# by kumila | 2010-01-19 12:50 | Restrant
お雑煮
お正月に作ったお雑煮。
わたしのはいわゆる関東風なのかな。母のを見よう見まねで覚えた味。

d0109756_23523896.jpg

手段がなく、フライパンで餅を焼いたんだけど、結構できるもんなのね。
そのまま何も敷かずにフライパンで何度かひっくりかえしながら焼き、
膨らんできたらOK。焦げ目もちゃんと美味しそうにつきました。

ちなみに餅は甘味処のみはしの切り餅。
たまたま発見したのだけど年末だけ売ってるのかしら。美味しかった。
[PR]
# by kumila | 2010-01-18 23:48
1999年
d0109756_14162843.gif
d0109756_14163539.gif
d0109756_14164317.gif
d0109756_14165259.gif
d0109756_1418783.gif
d0109756_14183856.gif
d0109756_1418485.gif
d0109756_14185767.gif
d0109756_14191253.gif
d0109756_14191972.gif


1999年にsprinkleという絵日記のサイトを始めた頃のイラスト。
まだ学生で時間もあってか、イラレ8に慣れるためにも
シコシコ絵日記を書いていました。
当時まだ23歳。今見るとどこか病んでると思う。(笑)

あの頃はまだテレホーダイでICQとかポスペとかそんなので盛り上がってた時代?
ブログなんてなくって、最初はPageMillとかでサイト制作をしていた人も多いはず。

当時チャットやらなんやらやっていると、インターネットというのは
離れていても誰かとつながっているっていう気がして、ひとりぼっちの寂しさも
慰められていたようです。すごい夜更かししまくってたもんなー。
Twitterってなんだかその当時を思い出す、繋がってる感。

そのうち記録であればイラスト描くよりも写真のほうが早いなーていうのと、
2001年から銀塩からデジタルカメラに移行したもんだから、
写真日記になって今に至るわけです。

今年はもっとマメに記録しよう。
[PR]
# by kumila | 2010-01-14 12:48
あけましておめでとうございます。
d0109756_1853636.jpg
今年もよろしくお願いします。
おいしいもの食べて、みんなで楽しく健康に暮らせますように〜。

写真のミニチュア鏡餅は、江戸玩具職人である杉原茂夫さんの作品です。
江戸玩具とは元禄時代に徳川吉宗が庶民の贅沢を禁止したため、
玩具を目立たないよう小さくしたものが発祥だそうな。
高さ10cmくらいのこの手作り鏡餅。細部までよくできています。
こちらは松屋百貨店の催事場で買い求めました。

[PR]
# by kumila | 2010-01-01 18:52
iPhoneも使いたいし、お気に入りの手袋もしたい!
南国系な私にとって、冬はツライ季節。
11月にはもう手袋をはめて過ごしています。

今シーズンは誕生日プレゼントに頂いた、カワイイ手袋で
ウキウキな冬を過ごす...つもりが、iPhoneの操作ができない!
かかってきた電話にもすばやく出られない始末。。。

しょうがないので指無し手袋(ミトン型)をずっとしていたのだけど、
そろそろ指むき出しにはツライ寒さ。

既製品のiPhone対応手袋は男性ぽいデザインが多かったり、
小学生のときに流行っていたような、カバーつきの指無し手袋もあるけれど、
d0109756_15463416.jpg

やっぱり頂いたものが使いたい乙女こごろ。

そこで、お家の人が教えてくれたテクノ手芸部さんの技。
先日行ったMakeでも楽し気な作品を拝見しました。

導電性の糸があれば簡単!
d0109756_1522481.jpg
これを手袋の指先にチクチクと縫い付けてみる...
こんな感じ。(とっても雑なんでですけど、裏はもっとひどい)
d0109756_15221573.jpg


やったい!ほんとに使える!



縫い縫いするまえに、指先のどのあたりで操作しているかを
確認をしてからがよいです。

わたしの、ちょっとズレてたみたい。

でもちゃんと文字入力もできるし、嬉しい〜〜!

ほんとにカンタンなので、みなさまもぜひお手持ちの手袋で!
導電糸はスイッチサイエンスで購入とのこと。
[PR]
# by kumila | 2009-12-24 00:00 | fashion
けいご祭り。
Kさん夫妻宅で、Uちゃん夫妻and息子のけいごとおでんパーリー。

d0109756_12553739.jpg
おでんだねは築地の佃權ですって!出汁もおいしくてゴクゴク飲む。
おでんはごはんのおかずにもなるし、酒のつまみにもなるし、
熱燗にもビールにも合うからいいよねーと話してました。

5月ぶりのけいご。おっきくなってましたー!
ハイハイだったのに、今日はもう走り回ってるよ?
巻き毛がカワイイ☆
d0109756_12554613.jpg
クリスマス間近なのでエレキングと、ワンワン鳴く犬のおもちゃをプレゼント。
プレゼントのチョイスがもしや昭和?けいごはよろこんでいたよ!
赤ん坊がよろこぶものって、どの時代も同じなのかもー。
d0109756_1256243.jpg
子どもの成長はほんっとあっという間だね。

けいごをバギーに乗せて、Kさん宅近所にある小池と洗足池へお散歩。
ちょうどマジックアワーの小池。きれい。
d0109756_1256884.jpg
けいごの無邪気さに癒されまくりの休日になりました。どうもありがとう。
次こそはお山にご一緒しましょう。
[PR]
# by kumila | 2009-12-23 12:53
トリアノン
グランドプリンスホテル赤坂の旧館にあるフレンチレストランへ。
昭和5年に建てられたという、クラシカルな洋館がとっても良い雰囲気。
1階はバーと結婚式場。2階にトリアノン。
d0109756_1092622.jpg

本日はクリスマスメニュー。正統派フレンチ、美味しくいただきました。
途中ハープの演奏もあって、忙しい毎日を忘れるひととき。d0109756_1093621.jpg
突如メロディーが流れるバースデーカードをとりだすおかあさま。
d0109756_1094461.jpg

[PR]
# by kumila | 2009-12-20 10:02 | Restrant
レ ランデヴー ド トキオ Les Rendez-vous de Tokyo
久しぶりにランデヴーへ。
食事は4回目になるかなー。

今日は2人で3,800円と5200円のプリフィックス。
照明が暗いので、写真の色みがちょっとおかしくなってしもた。

この日のアミューズは鯛〜。
ランデヴーのお通しはいつも感激!
美味しくて素晴らしい夜のはじまりを期待させてくれるのです。
d0109756_1303216.jpg
前菜その1
白子のポワレ。
さっくりした食感とほわほわでミルキーな白子の組み合わせに思わずニンマリしちゃったよ。
つけあわせの赤からし菜ともいい感じね!

全国の白子ファンにおすすめしたい一品です。
あーまた食べたい〜〜。d0109756_1304039.jpg
前菜その2
ランデヴー定番、ニース風サラダ 焼きマグロのフレッシュハーブマリネ添え
マグロの焼き加減がほんと絶妙〜。d0109756_1305072.jpg
お魚はマルセイユ風ブイヤベース!こちらもランデヴー定番。
写真は半人前。d0109756_1305815.jpg
岩中ブタ肩ロース ローストとマッシュポテト
豚ちゃんが美味しくって夢中で食べちゃったよ。d0109756_1314271.jpg
鴨のマグレのロースト ラタトゥイユと一緒に
わたし、このソース好き。d0109756_1314911.jpg
チーズもいっぱい種類がありますよー。d0109756_1315585.jpg
やっぱり季節もの、モンドールを少し頂きました。
なんかダシっぽい味がして好きなの。
d0109756_13216.jpg

デザートはフォンダンショコラ&ピスタチオアイスと、柿&マスカルポーネ

この柿がすごかった。
好き嫌いのないわたしでも、唯一「柿」がだめ。
でもこれ、マスカルポーネ、そしてちょっとの唐辛子と
シェフの魔法ですっごく美味しくいただきました。びっくりした!
d0109756_132927.jpg
誕生日だったので、バースデープレートにしてもらったんです。
この日は団体様がいらしていたんだけど、
みんなでHappy Birthday♪を歌ってくださって感激したよーー。

来るたびワクワクさせてくれるランデヴー。
すばらしい夜をありがとう。
おなかもこころも大満足。ごちそうさまでした。


今回2名カウンター席だったのだけど、ランデヴーのカウンター席好き!
親密なデートに、カウンターおすすめかも。

クリスマスメニューも決まったみたいなので、予約したいなーと思っています。
あとつい最近でたHanakoにもランデヴー掲載されているみたい。必読。

ランデヴーで初めて食事したときのことも。



[PR]
# by kumila | 2009-11-27 12:59 | Restrant
Make
Make: Tokyo Meeting 04で、
うわさの電子楽器『ウダー』を試すことができるとかで、行って来ました。

見た目はどっしり。
d0109756_12464514.jpg
筒のまわりにチューブがまきつけられ、
そのチューブを指で押さえることにより音がでて、
一周まわって1オクターブがでるっぽい。
押した力の強さで音の強弱も変えられる。

こんな感じで演奏されます。


ほんわか〜。いいね〜。

んで実際触らせていただいたのだけど、難しい!
あと私の手には少し大きくって、(いろんなサイズがあったけど)
音を出すとこを押した感触も固く、
和音を出せるようになるにも相当な練習が必要って感じ。
ギターの練習を思いだすー。

あとはテオ・ヤンセン作品のペーパークラフトもあった!
子どもがいたら一緒に作りたい。
d0109756_12463685.jpg
[PR]
# by kumila | 2009-11-23 12:46 | exhibition



満腹備忘録
by kumila
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30